SSS〜いろいろ日記〜
主にシャ乱Qと中居くん&木村くん(中居くん多め)のことを書いています♪たまに毒吐くこともあり(爆)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
☆クリック☆
遊べるポイントサイト ワラウ





RECOMMEND
LINKS
 
<< ナカイの窓225回〜227回 | MAIN | 仰天ニュース >>
ゴロウデラックス

吾郎ちゃんが「これはすごいことでしょ!?」と言い、外山さんが「見つかって、本当に三島由紀夫の声なのか?って、わからなかったらしいですんけど、いろいろ検証した結果、三島の声、本人と断定された」と( ..)φメモメモ
美輪さんに聞けば、一発で三島の声か?すぐにわかったんじゃない???まぁ、何人かの証言は必要なんだろうけど…ムニョムニョ
外山さんが、「謎に包まれたテープ、借りてきました、実物を…」と言い、吾郎ちゃんが「本当ですか!?TBSだけに?TBSで発見されたから使えるみたいな?『ゴロウデラックス』で…」と( ..)φメモメモ
TBSラジオで、『三島由紀夫を語る』のCMが流れていて、ずいぶん力入れてるなぁ〜と思ってたけど、TBSが2017年1月に未公開録音テープを見つけたからなのか〜、納得。

岩下さん、ずっとハコちゃんとか、お師匠さんとか呼ばれてたから気づかなかったけど、作家だったのねびっくり
岩下さんが「三島由紀夫が亡くなってから、全集に戯曲も小説も評論もインタビューも決定版の全集に入ってますが、それがすべてだと思ってましたが、新しいものが発見されるというのは、まずどんなことを言ってるんだろう?9か月後の思いを話してられましたし…」と( ..)φメモメモ

録音テープを聞いて、吾郎ちゃんが「この時から、自決を決意していたんですか?」と聞き、岩下さんが「と思います」「『ヒタメン』というのを書いた時に、取材した三島由紀夫の親友だった湯浅あつ子さんに伺ったんですが、このインタビューの何か月か前に『椿節弓張月』を作・演出を三島由紀夫がしておりまして…」「湯浅あつ子さんが芝居を見に行った時にロビーで偶然会った」「またこういう歌舞伎を書くの?と聞いたら、いやもう時間がないんだと、いまライフワークに取り掛かってるから、これを書きあげたら、僕は遠い所に行っちゃうからねと湯浅さんに言ったそうなんです」と( ..)φメモメモ
そういえば、美輪さんも三島由紀夫がバラの花(だったかな?)を会うたびに1本持ってきたけど、もう会えなくなるからと言って、花束を持ってきたという話があったような気が…
岩下さんが「湯浅さんお証言が本当だとしたら、もうすでにこの時は『天人五衰』を書きあげたら、そういうことは腹に決めてたと思いますよ」と( ..)φメモメモ
岩下さん曰く「自分は45(歳)で死んじゃうってことは、若い時から周りの人たちには言ってたそうなんです」「随筆にも書いてあります。女は35(歳)まで、男は45(歳)まで、三島由紀夫の若い頃からの思いだったんです」と言い、吾郎ちゃんが「武士みたいですね、生きながらにして死に方を探してる」と言い、岩下さんが「美学でしょうね。本人の…」「自分は天才だから、天才と美に仕えなきゃならないという一生でしょうね」と( ..)φメモメモ
自殺願望者って、若いうちから死に場所を探してるというよね!?ここ最近の作家は、○○兼作家や偉そうな作家が増えて、自殺する作家っていないよね!?これは図々しい作家が増えたということなのだろうか???少し怖い話になってしまった…たらーっ岩下さんは、感じのいい方だけどね星

岩下さん曰く「20代後半〜30代の4、5年がすごいです。三島由紀夫の中で一番本が売れた時期」「『潮騒』は、作品が変わった時期じゃないかな」と( ..)φメモメモ
『潮騒』といえば、高校生の時、先生が「最近、映画になりましたね。三浦友和と山口百恵で…」と言われ、唖然となった記憶が…ひやひやまず、この時期は生まれてなかった(爆)
岩下さん曰く「それまでの日本の小説家は夜の世界で、知性ばかり、ギリシャに行ってギリシャの遺跡の対称を見て、外形の美しさに目を開いて、もともと持ってたらしいんだけど、だんだん形になって出てきた」と( ..)φメモメモ

吾郎ちゃんが「そのあとの作品は評価が低いんですか?」と聞き、岩下さんが「売れなかった、売れないとね、作家というのは…」ということは、いまの時代みたいに、なんでもかんでも映像化していれば姑息に荒稼ぎができたんじゃないか?と思うetcもし、その時代に、いまのように映像化の話があったとしたら、三島由紀夫はどうしたのだろうか???天才だとしたら、断りそうね(←私の勝手な推測です汗)

岩下さんが「『午後の曳航』なんていいですよ、吾郎さん泣きますよ。40(歳)過ぎたら、切実よ!!」「帰ったら家で泣いてるでしょ?砂を噛むようですよね」と言い、吾郎ちゃんが「40過ぎて男1人だと思うと夜、家帰ったら泣いてます」と言い、岩下さんが「私は、16年泣いてるんだから」と(笑)

岩下さんが「どの小説も【死】がテーマ」と言い、吾郎ちゃんが「どうしましょうか?僕たちは…」と言い、岩下さんが「男が年を重ねるのはキツい」と言い、吾郎ちゃんが「最近、思いますよ。年取ったら、もっと簡単に生きれたり、子供の頃描いてた40代なんて、すべて理解して、悟って、余裕があって、生き方もわかってて、人に優しくて、そうやって生きていけるもんだと思ったら、どんどん幼くなってきちゃう、どんどん頼りない自分が、最近気づくんですけど…」と言い、岩下さんが「それは行動しなきゃダメ!!」と( ..)φメモメモ最近、『仰天』でいっくんが吾郎ちゃんと同じようなこと言ってなかったっけ???いっくんの場合は50歳だったけど「小さい頃の予想は子育てがひと段落して、持ち家があって、第2の人生しっかりとしたイメージだったけど、僕全然違うなぁ〜と思って…」と言ってたよね!?これと同じかな???

吾郎ちゃんが「ここ1年ぐらい。行動すればいいんですか?」と聞き、岩下さんが「行動する以外ない!!」「三島由紀夫は勇気を持って行動した。吾郎さんは、勇気をもってどう行動するか?ですよ」と言い、吾郎ちゃんが「探してくださいよ、一緒に!!」と言い出し、岩下さんが「なんで、あたしがあんたの行動探すのよ!!自分のことで頭がいっぱいだよ!!」と(笑)岩下さんが「自己改造」と言い、吾郎ちゃんが「僕の自己改造は、自分で気づかなきゃいけない」と言い、岩下さんが「当たり前です!!」と(笑)


[ 吾郎ちゃん | 2017/08/23 | comments(0) | - | ▲ Page Top ▲ ]
スポンサーサイト
[ - | 2019/07/06 | - | - | ▲ Page Top ▲ ]
COMMENTS
POST A COMMENT









 
SPONSORED LINKS
オススメ!
ボード
さすらいペット
SEARCH (In This Site)
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
OTHERS